oliver

Vol.124 2016.11.21

みなさま、こんにちは。今月のトピックスは、
2017年版 オリバー総合カタログVol.41発刊のお知らせと、HCR 国際福祉機器展2016への出展レポート、
ORGATEC ケルン国際オフィス家具専門見本市2016の視察レポートをお届けします。どうぞごゆっくりお楽しみください。

事例名:シオタニ株式会社様 葬祭会館「ピースフル犀清」

オリバーTopics

2017年版 オリバー総合カタログVol.41発刊
-見やすく、探しやすく、比べやすい「インデックスカタログ」-

当社の主力カタログである、2017年版オリバー総合カタログVol.41をこのたび発刊しました。

発刊部数は4万部、掲載している施設向け家具及びインテリア用品は約9,500点。全784ページ、A4版オールカラーのカタログとなっています。

オリバー設立50周年記念号となる当カタログでは、巻頭にトピックスページを設け、新製品・主力商品を中心的にご紹介するとともに、各カテゴリページにおいては、見やすさ/探しやすさ/比べやすさの向上を意識して構成やレイアウトを再検討。各製品の情報をより分かりやすく総括する「インデックスカタログ」を目指して制作しました。

新製品としては、今年5月発刊のDining&Design vol.2に掲載した飲食施設向けレストランチェアや、7月に発刊した医療・高齢者カタログ vol.11掲載の医療・高齢者施設向け家具など多数の製品をラインナップしました。

総合カタログならではの、製品ジャンルと施設別ジャンルが融合した包括的な構成により、あらゆる市場・施設におけるお客様のニーズに対応できるカタログとなっております。

2017年版 オリバー総合カタログVol.41発刊 -見やすく、探しやすく、比べやすい「インデックスカタログ」- 詳細ページへ
HCR 国際福祉機器展2016
出展レポート

2016年10月12日(水)から14日(金)にかけて、東京ビッグサイトにて「HCR 国際福祉機器展2016」が開催され、オリバーも本展示会にブースを出展させていただきました。

今年の「HCR 国際福祉機器展2016」には、国内外から522社が出展。会期中の総来場者数は112,752名となりました。
今回オリバーは「Heartful + Ergonomics」をテーマとして出展させていただき、利用者様はもちろん、介助を行うスタッフの方にも配慮した製品を展示させていただきました。

当社ブースでは、高齢の方の体型に合わせたコンパクトサイズの椅子や、木目の見える仕上げによって柔らかさやあたたかみを表現した椅子など、新作チェア6点を展示。また、背中の曲がった高齢者のための円背チェアや、前脚にキャスターが付いたチェアのプロトタイプも展示させていただきました。
ご来場いただいたお客様からは、「この製品なら介護者の作業負担を軽減できる」「このような商品を待ち望んでいた」などのご感想を多くいただきました。

会期中、オリバーのブースには913名の方にお越しいただき、オリバー製品を直接体感していただくことができました。多くの方に足をお運びいただき、誠にありがとうございました。
今後もこういった機会を通して、当社の製品や取り組みをより多くの方に知っていただけるよう努めてまいります。

HCR 国際福祉機器展2016 出展レポート
詳細ページへ
ORGATEC ケルン国際オフィス家具専門見本市2016
視察レポート

2016年10月25日(火)から29日(土)にかけて、ドイツのケルンにてORGATEC ケルン国際オフィス家具専門見本市2016が開催され、オリバーでも視察を行いました。展示会場の様子をご紹介します。

<世界最大級のオフィス家具展示会>

2年に一度開催される本見本市は、シカゴのNEOCONと並ぶ世界最大級のオフィス家具展示会です。今回は「Creativity WORKS」をテーマとして、世界41カ国から約700社が出展。家具や内装材、ファブリックなど約5万点が展示されました。
会場となったのは、ケルン市のケルンメッセ。286,000平方メートルという世界第4位の展示面積を誇る会場です。5日間の会期中、世界120カ国から約51,000人が本会場を訪れました。

<キーワードは「自然への回帰」>

今回の展示製品を通して感じた最も顕著な変化は、自然素材への回帰。視覚、触覚、嗅覚で感じる「心地よさ」を重視し、ソファの脚やデスクの天板などに木素材を使用する例が多く見られました。また、木素材+スチール、木素材+樹脂など、木と異素材を組み合わせた製品もよく見られました。

「自然への回帰」の流れはブース作りにも。木材を使ったブースが目立ち、ブース内を彩るアイテムとしてもグリーンが多く使われていました。またプロダクト単位でも、グリーンをセットして使用する家具が多く発表されていました。

さらに、家具の形やレイアウトにも変化がありました。決まった形の家具を整然と並べるのではなく、定型ではない異型の家具を自由に組み合わせる空間レイアウトが見られました。その流れの中で、三角形の家具を組み合わせることで省スペースも兼ねた「トライアングルレイアウト」も流行。使う人が使いたいように自由に使える、フレキシブルな空間づくりが意識されています。

その他、余計な「多機能」を排除して本当に必要な「単機能」を突き詰めたシンプルな椅子やスツール、扉部分にファブリックを用いることで意匠性と吸音性の向上を目指した木製収納、開放感と安心感を両立させた透過性のあるパーテーションなど、新しいトレンドを感じられる展示が多く見られました。

カラーはグリーン、イエロー、オレンジが流行。ブラックでまとめたコーディネートもよく見られました。フォルムとしては、テーブルやチェアはより薄く作られたもの、反対にソファはより分厚いものが流行していました。

<オフィスに求められる「心地よさ」と「多様性」>

スマートフォンやタブレットなどの登場・浸透により、今やモバイルワークは世界的なスタンダードとなりつつあります。そのような世情を反映し、会場でもサイネージミーティング等を想定した展示が多数見られました。
しかし、そういったICT化の流れとは逆に、オフィス家具としては「自然素材」を使用した製品が流行。これは、どこででも働けるようになったからこそ、オフィスも自宅やカフェと同じようにリラックスできる心地よい環境、働きやすい環境であることが求められるようになってきたことの表れと言えます。

オフィス空間に求められるようになってきたもう一つの役割は、「多様性への対応」です。オフィスには、例えば所属部署や役職、年齢、性別の異なる様々な人が集まります。その中でそれぞれの人が使いたい時に、自分にとって使いやすいように空間を使えること。あるいは、コミュニケーションをとりたい時には互いに話しやすく、集中したい時には集中を助けるような環境であること。そういったことが意識された展示が多く見られました。

今回の展示会は、オフィス市場にもホスピタリティが求められていることをより強く感じられるものとなりました。
オリバーでは、今後もこのような世界のトレンドを取り入れながら、快適性と安全性を考慮した当社らしい製品をお届けできるよう尽力してまいります。

ORGATEC ケルン国際オフィス家具専門見本市2016 詳細ページへ

最新納入実績

シンフォニー豊田ビル様(愛知県名古屋市)

名古屋駅前の「第二豊田ビル」の建て替え及びその跡地の再開発により、「シンフォニー豊田ビル」様が今秋グランドオープン。オフィス、シネマ、ホテル、各種店舗など、多彩な機能を備えた高層複合ビルが誕生しました。今回は、弊社のデザイナーズブランド「Creare」より多数の製品を採用いただき、オフィスフロアの共用部に納入させていただきました。

最新納入実績 詳細ページへ
最新納入実績 詳細ページへ
INTILAQ東北イノベーションセンター様
(宮城県仙台市)

起業家支援・育成プロジェクト「INTILAQ」の拠点として今年2月にオープンされた、INTILAQ東北イノベーションセンター様。次世代のグローバルリーダー育成のための様々なプログラムが開催されています。今回オリバーでは、施設全体に多彩な製品を納入させていただき、細部にまでこだわった高度な空間創造を実現しました。

最新納入実績 詳細ページへ
最新納入実績 詳細ページ
タイムズスパ・レスタ様(東京都豊島区)

東京・池袋のサンシャインシティ前に立地する「都心の大人のスパ施設」、タイムズスパ・レスタ様。オープン10周年となる今年、館内設備のリフレッシュを行われました。オリバーでは、レスタ様の設備リフレッシュに伴い、プレミアムラウンジのプライベートブース及びリクライナーを納入させていただきました。

最新納入実績 詳細ページへ
最新納入実績 詳細ページ

逸品お楽しみプレゼント

今月の「逸品お楽しみプレゼント」はお休みとさせていただきます。申し訳ございません。
また、あらためてスタートいたしますので、どうぞお楽しみに。

オリバーplus+からのお知らせ

・メールマガジン配信先のメールアドレスについて
当メールマガジンは、従来より弊社がお取引させていただいております企業担当者様、仕入先様より頂戴ならびにご紹介いただいたメールアドレスに配信しております。

メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが下記のURLからお願いします。
http://f.msgs.jp/webapp/form/12301_dfs_4/index.do
メールアドレスなどの個人情報変更をご希望の方は、お手数ですが下記アドレスにご連絡ください。
http://f.msgs.jp/webapp/form/12301_dfs_6/index.do
メールマガジンバックナンバー
http://www.oliverinc.co.jp/mail_magazine/index.html

・プレゼント応募の個人データについて
プレゼント応募の際にお預かりした個人情報はプレゼント発送およびサービス向上のための資料として活用するものであり、他の用途で使用することは一切ありません。

<オリバーの拠点>
http://www.oliverinc.co.jp/company/business_base.html

編集・発行・お問い合わせ:株式会社オリバー 営業企画部
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田1丁目1-12
TEL:0564-27-2800/FAX:0564-27-2860
URL: http://www.oliverinc.co.jp