oliver

oliver

オリバー大阪オフィス・ショールームをリニューアル

2017年5月、オリバー大阪オフィス・ショールームを移転リニューアルしました。
今回のリニューアルポイントをお伝えします。

<大阪オフィス>
営業部、購買部、デザイン部の交流が図れるよう、様々な場所に、様々な形態でミーティングスペースを設置しています。

1.執務スペース


デザイン・設計ゾーン
デスクトップパソコンを使用しているデザイン・設計部門は、分転換・姿勢の変えられる昇降デスクを採用しました。


営業ゾーン
リラックス効果を促進させる、突板天板のビックテーブル。
フリーアドレスではなく、ゾーンアドレスを採用しました。

2.サードプレイス ミーティングゾーン


半個室ミーティング
落ち着いてミーティングが出来る、パーティション付きベンチ。


ソファミーティング
ゆったりとミーティングが出来る、リビングオフィススタイル。


スタンダードミーティング
一般的なチェア・テーブルセット。
ランチスペースとしても活用しています。

<大阪ショールーム>


ファサード
人工大理石を内照させたロゴ。
異素材を多数使ったデザインです。
裏側はフィグラを使用し、プロジェクター投影が可能です。


医療ゾーン
待合ベンチを多数展示しています。


ナースステーション
オリジナルキャビネット、テーブル、居室家具なども展示。


福祉ゾーン
様々なチェア、ソファー、テーブルを展示。


フリーゾーン
セミナー、プレゼン、研修、ワークショップを行うスペース。
海外のチェアを多数展示しています。
天井により、視覚的にゾーニングを図っており、
リラックス効果も狙ったデザインです。