oliver

oliver

「仙台展示会 2017」開催レポート

この度オリバーでは、2017年8月22日(火)・23日(水)に、せんだいメディアテークを会場として、「仙台支店展示会2017」を開催しました。
展示会の様子を紹介いたします。


今年の展示会テーマは『コトづくる』。


創業50周年を迎えるオリバーが、これからの50年は創り出したモノで社会やライフスタイルを変革させる『コトづくり』に意欲的に取り組むという強い意思を込めたコンセプトです。


医療福祉(HEARTFUL)、商環境(DINING & DESIGN)、オフィス(PLAY WORK)の、各市場別カタログより新作アイテムを多数展示。


さらに「モダンホスピタルショー」、「オフィスサービスEXPO」で出展したコンセプトアイテムをいち早く仙台の皆さまにご覧いただきました。


当日の会場風景


当日の会場風景


2日間で400名弱の方々に来場いただきました。


家具や空間づくりを通じて社会に変革をもたらそうとする、『これからのオリバー』ついて、実際に体感していただきました。


特別セミナーは、庄内イタリアン『アル・ケッチァーノ』オーナーシェフ、奥田政行様をお招きし、 食による地方創世という“コトづくり”を体現した『アル・ケッチァーノ』の誕生秘話などをお話しいただきました。庄内でしか食べられない、体験できない、“コト”による地方創世の経験談は、業種を問わず様々なジャンルのビジネスに応用出来ると、大変好評をいただきました。


『8時間 “面白く”働けていますか!?~PW・カフェワークセッティング~』
数年で実施した自社のオフィス変革で得たノウハウを交えながら、暮らすように働ける、快適なオフィス空間作り『カフェワークセッティング』を説明、インテリアメーカーならではの視線で、これからのオフィス作りを提案しました。


『ハートフルな施設づくりのポイント~家具・インテリアの観点から~』
当社が取り組んだ最新のホスピタリティーあふれるインテリア実例や、施設の「環境」をよりよくする家具をご紹介し、ハートフルな施設づくりのポイントを説明しました。