「NeoCon2019」視察レポート

  • オリバー Topics
  • 最新納入実績
  • オリバー PLUS+からのお知らせ

オリバーTopics

「NeoCon2019」視察レポート

写真:「NeoCon2019」視察レポート
写真:「NeoCon2019」視察レポート

「NeoCon2019」視察レポート

2019年6月10日(月)から12日(水)にかけて、アメリカ・シカゴのマーチャンダイズマートにてオフィス家具展示会「NeoCon2019」が開催されました。
毎年6月にアメリカ・シカゴにて開催される「NeoCon」は、北米市場だけでなく世界中のオフィス家具メーカーが一堂に会する、世界最大級のオフィス系展示会です。来場者数は約50,000人、出展者数は約700社。開催期間中は、100を超える基調講演も開催されます。
51回目となる本年のテーマは「What’s Next is What’s here」。
オリバーでは昨年に引き続き視察をしてまいりましたので、展示会場の様子をお届けします。
近年オフィスでの仕事は、「個」ではなく「チーム」でのプロジェクトが増え、家具にもその時々に適した環境の素早いチェンジが「Agility&Flexibility」として求められていました。ラップトップPCよりもスマートフォンやタブレットなどで仕事をする時間が増え、デスクよりもソファによるラウンジワークが主流となる「MobileFirst」の環境へ。そのため、ソファの展示が一気に増加していました。
オフィス空間も均一・均質な空間から「More Fashionable」なオンリーワンの空間へ。ファブリックや仕上げ材、塗装へのこだわりはより高まり、店舗化傾向が進んでいました。

これらの傾向から、家具が持つ機能として、軽量で移動しやすい家具やパネルなど「すばやく簡単に動かせる」といった要素が増えてきていると感じます。オープンオフィスは影を潜め、シームレスな空間構築アイテム「インフィル」やカーテンを多用した「パーテーション」など、より生産性の高い、緩やかに仕切られたシームレスなクローズド空間をつくるアイテムが多数登場していました。また、壁床天井の使い方もバリエーションが増えており、今後は空間と家具の境界線がなくなってくるかもしれません。吸音効果のある素材も非常に多く、今後は吸音素材がその他の機能とセットになったアイテムが増える傾向を感じました。

このように今回の視察では、全体的に「移動性」「多様性」「機能集約」が随所で見受けられ、「ひとつの場所でより自由に働くことができる環境」を作っている印象を体感いたしました。
オリバーでは、今後も世界の最新オフィストレンドを取り入れ、より魅力あるオフィス空間や製品をお届けできるよう尽力してまいります。

「NeoCon2019」視察レポート 詳細ページへ

「ミラノデザインウィーク2019」視察レポートvol.3

写真:「ミラノデザインウィーク2019」視察レポートvol.3
写真:「ミラノデザインウィーク2019」視察レポートvol.3

「ミラノデザインウィーク2019」視察レポートvol.3

4月にイタリア・ミラノで開催された「ミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile. Milano)」。そしてさまざまな企業やデザイナーによる自主展示会「フォーリサローネ(Fuori Salone)」。これらデザインの祭典は総称して「ミラノデザインウィーク」と呼ばれ、世界中からデザイン関係者のみならず多くの人が訪れる、世界最大規模のデザインの祭りです。
今回も引き続き、ミラノデザインウィーク2019の視察レポート第3弾をお送りします。

ミラノサローネでは毎年、シンプルなラインやソフトなラインなど様々な新しいデザイン、スタイリングが発表されます。今年のトレンドが家具とスタイリングによって表現され、様々な世界観に触れることができます。
今年の特徴のひとつとして、「心地よさ」と「ラグジュアリー」が挙げられます。
目に優しい色合いで、素材感は上質。ミックススタイルで空間を表現し、異素材の組合せも多様化していました。形や柄はグラフィック要素を取り入れたスタイルが多く、都市部を中心に変化し続ける個人ニーズに対応するため、フレキシブルに変化できるモジュラー家具が台頭しています。
また、自然界からの影響も、ラタンなどの天然素材やプロセス、植栽展示にいたるまで会場全体で感じることができました。アフリカや東洋、和をモチーフにしたものも多く、ホームとコントラクト、室内と室外のボーダーレス化が進む中、今年はオフィスエリアを独立させずに一体として展示するスタイルとなっていました。
家具がアクセントになるのではなく、空間全体がひとつのテイストと文化でまとめられており、ディテールやファブリックに統一感があります。小物、ラグ、カーテンに至るまでカラーコンセプトでリンクし、ひとつの雰囲気にまとめあげるため「照明」の演出が重要な役割を担っていました。
オリバーでは今後とも、世界の家具業界のトレンドにアンテナを張り、お客様にお喜びいただける製品開発に活かしてまいります。

「ミラノデザインウィーク2019」視察レポートvol.3 詳細ページへ

最新納入実績

MIMARU 東京八丁堀様(東京都中央区)

MIMARU 東京八丁堀様(東京都中央区)

都市観光スポットを中心に、長期滞在でも大切な方と暮らすように滞在できるアパートメント型のホテルを展開されているコスモスイニシア様が、「MIMARU 東京八丁堀」をオープンされました。
宿泊する訪日外国人の方々に日本の日常を体験していただけるよう、オリバーでは「和」のテイストを基調とした家具一式を納入させていただきました。

最新納入実績 詳細ページへ

社会福祉複合施設高浜町ライフサポートステーション様(兵庫県芦屋市)

社会福祉複合施設高浜町ライフサポートステーション様(兵庫県芦屋市)

兵庫県で保育園を運営される社会福祉法人山の子会様が、地域の皆様のいこいの場所となる社会福祉総合施設を開館されました。
オリバーでは、全世代の方々が集まる1Fカフェ・テラス、各階ロビー、4Fふれあい広場の家具、障がい者、高齢者の方が使われるエリアの家具等を納入いたしました。ぬくもり溢れる安らぎの空間となっております。

最新納入実績 詳細ページへ

fabbit神戸三宮様(兵庫県神戸市)

fabbit神戸三宮様(兵庫県神戸市)

2019年7月にオープンされたばかりのシェアオフィス「fabbit神戸三宮」様。オフィス内にはフリー席と個室を展開されており、フリースペースは、セミナーや各種イベントに利用することもできます。国際色豊かな街・神戸で、グローバルに事業展開する企業様に適した環境となっております。

最新納入実績 詳細ページへ

オリバーplus+からのお知らせ

◆メールマガジン配信先のメールアドレスについて
当メールマガジンは、これまで名刺交換させて頂いた方や弊社ホームページに御問合せ頂いた方、展示会にて当社ブースへお越しいただいた方にお送りしております。
☆メールマガジン配信中止をご希望の方は、お手数ですが下記のURLからお願いします。
http://f.msgs.jp/webapp/form/12301_dfs_4/index.do
☆オリバーWeb会員退会をご希望の方は、お手数ですが下記のURLからお願いします。
https://f.msgs.jp/webapp/form/12301_dfs_17/index.do
☆オリバーWeb会員情報変更をご希望の方は、お手数ですが下記のURLからお願いします。
https://f.msgs.jp/webapp/form/12301_dfs_16/index.do
◆メールマガジンバックナンバー
https://www.oliverinc.co.jp/mail_magazine/index.html
<オリバーの拠点>
https://www.oliverinc.co.jp/company/business_base.html
編集・発行・お問い合わせ:株式会社オリバー 営業企画部
〒444-2137
愛知県岡崎市薮田1丁目1-12
TEL:0564-27-2800/FAX:0564-27-2860
URL:https://www.oliverinc.co.jp