oliver

oliver

採用情報

オリバーは、業務用家具、施設家具の製造・販売を核に、企画から製造、調達、販売、納品・施工までを一貫して行っています。家具を製作するメーカーとしての機能はもちろん、国内外のメーカーからインテリアを仕入れる商社機能も持ち合わせています。これにより、フレキシブルかつ幅広い提案ができ、お客様から高い評価をいただいています。
国内外のさまざまな業種の店舗や施設の家具、空間作りの実績は、お客様からの信頼の証ともいえるでしょう。

オリバーではお客様のヒアリングから始まりアフターフォローまで各工程でさまざまなスタッフがそれぞれの役割を持って活躍しています。
ここでは、オリバーの仕事の一部を紹介します。

オリバーで活躍する人々

企画営業
空間プロデュースの営業

ホテルや商業施設、そして大手企業や官公庁など、お客様のニーズは多種多様で営業が提案するインテリアのトータルプランは二つと同じ内容はありません。「どんな人たちが集まるのか、どんなシチュエーションであれば快適なのか」をイメージしながら、プロとして提案します。もちろんお客様のニーズや予算、そして提供する商品の知識を理解することは重要ですが、私たちプロの仕事には敏感な「時代やトレンドを感じるアンテナ」と「場に集う人々の気持ちをイメージできる想像力」が不可欠です。世界でたった一つのその場所にしかない空間を生み出すために、8000点を掲載する総合カタログや市場別カタログ、ショールームなど用意したツールは思う存分利用してください。
お客様にとっての窓口となる企画営業職は、全てのリーダーでありディレクターです。高いコミュニケーション能力と、リーダーシップが重要です。

営業アシスタント・事務スタッフ
企画営業をあらゆる面からサポート

オリバーの営業オフィスには、昼間はほとんど営業スタッフはいません。そこで営業スタッフのかわりに応対するのが営業アシスタント。
納期確認や商品説明、簡単なコーディネートのアドバイスなど、オリバーは営業担当がいなくても営業アシスタントに聞けばなんでもわかると言われます。
「営業スタッフにかわって電話で営業する」。これがオリバーの営業アシスタントの仕事です。
その他、岡崎本社には事務スタッフが中心になってまわっている商品部門と管理部門があります。各出先で在庫をもたないオリバーは、商品部門が全国からの注文に応じて商品の受発注から出荷、在庫管理、配送を行っています。また、経理課・総務課・人事課など管理部門で社員のサポート業務を行っています。

デザイナー
インテリアスペース創造のエキスパート

物件の規模が大きくなればなるほど、プランの重要性が増してきます。企画営業がお客様からヒアリングした希望や条件をもとに、一緒になってコンセプトから考えて行きます。
インテリアプロダクトひとつひとつのデザインやレイアウト(配置)、空間のコーディネートをプロ目線で提案し、プレゼン(企画書)にまとめます。
出来上がったプレゼンを持って、企画営業とお客様へ同行打合せに行ったりもしますので、会話の中での表現力もデザイナーの重要な能力です。またオリバーのデザイナーは自分の作品を好きなように作る作家ではありません。
あくまでもお客様が望む空間を、プロとしてお手伝いするという姿勢です。