oliver

oliver

「ミラノデザインウィーク2019」視察レポート vol.2

4月にイタリア・ミラノで開催された世界最大規模の「第58回ミラノサローネ国際家具見本市」。世界中のメーカーやデザイナーがこの見本市に合わせ、多種多様の素材やカラー等、新しいデザインを生み出しています。
第2回のレポートでは、印象的なシーンやデザインをピックアップしてご紹介いたします。


天然素材や人工製品等の異素材の組合せが特徴。
新たな素材の組合せを縫製や編込みの技術で実現しているGERVASONI


自然な風合いのレザーにクラフトマンシップを感じ、
美しさと質の良さ、ナチュラルな色使いが心を和ませ落ち着かせてくれるbaxter


日々の生活の瞬間を切り取ったようなシーンを演出。
インスピレーションや驚きで、毎日を特別なものにするFRITZ HANSEN


ビンテージ感漂うインダストリアルな雰囲気とロックスピリットの、革新的で個性あふれる空間を演出するDIESEL LIVING


北欧の伝統に根ざし「長く使い続けられるもの」をベンチマークに、革新的なテキスタイルで会場で多く見られたkvadrat


デザイン・色や素材のハーモニーメーカー。
テーブルや、照明、ラグに到るまで空間全体の調和を大切にしたNATUZZI


「The Nomad」と題し、クリエイティブな企業のワークスタイルに合わせたアトリエを表現。
ウッドが安らぎを与えてくれるvitra


マウラー・グリーンの壁面に、軽やかでポエティック、カジュアルなのにエレガントな印象のウェルカムペンダントは、INGO MAURER

「第6回 働き方改革EXPO」出展レポート

2019年5月29日(水)から31日(金)にかけて、東京ビッグサイトにて「第6回 働き方改革EXPO」が開催され、オリバーもブースを出展いたしました。
経済状況が目まぐるしく変化し、企業は今まで以上にコスト削減・生産性向上、営業力強化が求められています。その切り札として注目が集まっているのが「働き方改革」。本展示会はそんな働き方改革に特化した商談専門店です。
「働き方改革EXPO」のオリバーブースの様子をご紹介します。