PROJECTS
HOTEL

ラグジュアリーで伝統を感じる新しいホテル

ロイヤルパークホテル倉敷 様

ラグジュアリーで伝統を感じる新しいホテル

コンセプトは、「倉敷の情報発信基地として街とひとをつなぐまったく新しい形のホテル」。倉敷を体感できる建築デザインとなっています。
シックなフロントカウンターはデザインだけでなく、ラグジュアリーな雰囲気を引き立てる照明の見せ方にもこだわりました。背面の飾り棚には「倉敷デニム」や「備前焼」など岡山の工芸品がディスプレイされています。客室家具は機能性を重視しながら「ノスタルジックな空間」に合わせた家具をプランいたしました。

CLIENT DATA

ロイヤルパークホテル倉敷 様/岡山県倉敷市

2020年冬、倉敷駅、美観地区にほど近い立地の宿泊特化型ラグジュアリーホテルとして、「倉敷を体感できる建築デザイン」をコンセプトにオープンされました。

OUR PART OF THE PROJECT

■家具(既製品):製作・納入
■造作家具:構造設計・製作・納入
■意匠照明
■施工管理

CREATOR'S VOICE

松原洋介/営業
瀬戸内の有名観光地でもある倉敷に、新しいホテルが建つという話を伺ってから、優れたコンセプト、デザイン、機能性、調和のとれた空間を作りたい想いからご提案を進めました。
中尾彩葉/プロダクトデザイナー
今回は、照明の見せ方・照らし方が難しかったですが、試作と検証をを重ねたことで、お客さまに満足頂けるものを製作する事が出来たと感じています。今後も、お客さま、ユーザーの方にとって使いやすいものである事を常に心掛け、設計いたします。
納入事例一覧へ